忍者ブログ
群馬中心のグルメブログです! もしかしたらラーメン中心のブログです(笑)
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

墨田区は菊川の『天千代』に行って来ました。

天千代


ここの近所に遠山金四郎の屋敷跡地があるらしいのですよ。

真っ赤な派手な入口、店内は手前に座敷、奥にカウンターがあるようでした。

天千代

客層は年配の方が多いようです。どちらかというとご老人。粋な感じの常連さんのようでした。


雨も降ってないのに傘立てがあるなぁ~と思っていたら、どうやら杖を置く場所のようでした。あっ、老人が多いのか(笑)


で、注文は・・・

天千代



『うな重上』3000円

天千代


焼き上がりまで20~30分待ったでしょうか。ゆっくり待つからこそ美味しいウナギが食べれるってものです。



お重の蓋を開けて驚いたのはウナギが肉厚でデカイ!

天千代

艶がって美味しそうなウナちゃんです。


とろけるようなウナギとても脂がのっています。タレも丁度良いお味で美味しいです。



肝吸の肝もウナギの大きさに比例して大きめでプリプリしてました。

天千代

天千代

いやぁ~、こちらのウナギかなり好みでしたよ!




【天千代】
東京都墨田区菊川3-16-18
TEL 03-3631-7550
営業時間 11:30~14:10 17:00~21:00(L.O20:40)
定休日  月曜日(但し、祝日の場合は営業)
駐車場 なし
PR
墨田区は菊川の『うなぎ はし本』に行って来ました。

うなぎ はし本


新大橋通りから、1本奥にある裏通り的な人通りの少なめな場所にある鰻屋です。

うなぎ はし本

食べログで見たランチ1000円のうな丼が目当てで行きました。

出迎えてくれたのは年配のご主人と奥様。

しかし!目当てのランチメニューはありません・・・。

うなぎの高騰で1000円のランチを出すのはもう無理だそうです。それでも中国産や台湾産は使用せず、国産うなぎに拘るそうです。

天ぷら、とんかつでもメニューを増やさないとダメかな?って嘆いていました。

うなぎ はし本


ランチはなくとも、せっかく来たので鰻を食べて行きます。



『うな丼』1800円

うなぎ はし本

うな丼、肝吸、お新香付です。

うなぎ はし本


うなぎは大きめで柔らか、タレに特徴があって甘味のない醤油の強い感じのサラっとしたタレです。今まで食べた中でも一番甘味がないと思うほどです。

甘さがないタレなので最後まで飽きのこない味です。



【うなぎ はし本】
東京都墨田区菊川3-9-10
TEL 03-3631-3536
営業時間 不明
定休日 水曜日
駐車場 なし
久しぶりに渋川市の『うなぎ炭火焼肉 宮川』です。

うなぎ炭火焼肉 宮川



うなぎ炭火焼肉 宮川


うなぎ炭火焼肉 宮川

いつもと同じように鰻重を注文して待つ間に焼肉です。



『上塩タン』820円

うなぎ炭火焼肉 宮川


厚めの牛タン。上だけあって柔らかで美味しいです。この価格は安いのではないでしょうか。



『ホルモン盛り合わせ』950円

うなぎ炭火焼肉 宮川


塩、タレ、辛ホルモンの3種類です。塩はレモンダレでさっぱりといただけます。特に辛ホルモンがお気に入りです。



ちょうど焼肉が食べ終わる頃に鰻重が登場です。



『鰻重 特上』2400円

うなぎ炭火焼肉 宮川


うなぎ炭火焼肉 宮川

前回食べた鰻重上と比較すると同じ感じでした。だんだんウナギが小さくなっている感じがします。

ですが、蒲焼は柔らかで溶けるよう、脂ののりも良かったです。



一番最初(2010年6月25日)に食べた鰻重上がウナギの大きさも焼き加減も良かったと思います。

11月から値上げだそうです。



【うなぎ炭火焼肉 宮川】
群馬県渋川市渋川1749-4
TEL 0279-22-0662
営業時間  11:00~14:00 17:00~21:00
定休日 木曜日(祝祭日の場合は営業)
駐車場 あり



OLYMPUS XZ-1
前から行ってみたかった長野県諏訪市の『うなぎ小林』に行って来ました。

うなぎ 小林


うなぎ 小林


お店に到着したのは開店30分前。入口にはボードが用意されていて名前と人数を記入するようになっていました。三重県の『うなぎの初音』まではいかないものの、こちらもかなりの人気店です。ギリギリ待たずに入店できました。

店内は座敷にテーブル席、カウンターが用意されていました。ジャズが流れ黒を基調にした素敵な店内。それ故、落ち着いた暗めの照明なので鰻の写真を撮るには厳しい環境でした(笑)

うなぎ 小林



注文したのは『鰻重 特選大串(得々)』2940円

うなぎ 小林


お重ではなく、大きな椀で登場しました。特選大串いうだけあってウナギも大きめ、多めのご飯をしっかり覆うくらいの大きさです。

うなぎ 小林

身は厚くはありませんが、ふっくら柔らかで皮までとろけるようです。また、相方が食べた鰻丼のウナギよりジューシーに感じました。やっぱりウナギが大きいからでしょうか。

タレは甘味の少ないサラッとした感じで上品です。久しぶりの関東風美味しかったです!

吸い物は肝吸いでもなく、珍しく湯葉が入った赤だしでした。若干高めな感じのする店だけに肝吸いでないのが少々残念に感じましたが。


漬物は野沢菜、大根、奈良漬の3種

うなぎ 小林

これも美味しかったです。




『肝焼』525円

うなぎ 小林


こちらは説明するほどでもないでしょう。美味しかったの一言です。



ちなみに相方が注文した『鰻丼』は1575円。

うなぎ 小林

鰻の量的に若干高い気がしましたが。


まあ、美味しかったのでいっか(笑)



【うなぎ 小林】
 長野県諏訪市四賀赤沼1958-2
TEL 0266-54-7717
営業時間 11:00~15:30(L.O.14:30)17:00~21:30(L.O.20:30)
定休日  月曜・第1・3火曜(祝日の場合は翌日)
駐車場 あり
三重県亀山市の『うなぎの初音』を紹介します。

うなぎの初音

こちらは以前から行ってみたかった人気の鰻屋です。


開店前から行列ができる。1時間以上の待ち時間は当たり前。そんな前情報がありましたので早めに家を出ることにしました。

開店時間は11:00ですが約30分前に到着すると駐車場には車が7~8台。奥のほうに従業員のものと思われる車が10台くらい。店の入口にボードがあり名前を書くようになっています。

うなぎの初音

ここで驚いたのは用紙がNo,2になっていたことです。開店30分前にすでに満席ということです(汗)

土用の丑の日を前にした土曜日の訪問とは言え、ありえない人気ぶりです!!!


開店時間になり順番に店内へ案内が始まりました。

うなぎの初音

No,1の用紙から溢れた私たちは整理券券をもらい待ちます。ここでメニューも渡されますので一緒に注文もするシステムになっていました。

うなぎの初音

ちなみに店内は待合所が用意されていますが、そこも満員なので車中で待つことにしました。

うなぎの初音

店の外に整理券の番号が表示案内されるシステムがあり車から見えるのです。開店から45分経つと案内板に私の整理券番号5番が表示されました。



さて、注文したのは『特製松うな重』と『肝焼き』です。

・肝焼き(500円)

肝焼き

まずは肝焼きから来ました。小ぶりですがプリプリの肝はタレの加減も良く美味しいです!ちなみに肝特有の苦味はありません。

こちらメニューにはないのですが注文時に店員さんに聞いたらあるとのことで注文した次第です。



・特製松うな重(2700円)

特製松うな重

うな重、肝吸い、そうめん、冷奴、香の物、フルーツ付です。


うな重は関西風のパリッした焼き具合で脂がのっています。タレは甘さを抑えた辛口のさらっとタイプです。

うなぎの初音 特製松うな重

うな重は梅、竹、松と段階がありますがウナギの量の違いとのこと。また特製が付くとウナギの質が違うとのことです。

相方が注文した『御ひつまぶし』のウナギと比較すると大きさと脂ののり具合が違いました。



・御ひつまぶし(2900円)

うなぎの初音 御ひつまぶし

こちらは相方が食べましたが、少し小さめ?のウナギをパリパリに焼き上げていました。

うなぎの初音 御ひつまぶし

私も出汁をかけた状態で1杯頂きましたが、蒲焼の香ばしさと出汁が混ざりなかなかの美味しさです!

また、暑い夏には出汁をかけてサラサラ~とお茶漬け感覚で食べるのが良いですね!



『うな重』も美味しいですが『御しつまぶし』の方が好みでした(笑)


しかしウナギもどんどん値上げされていきますね・・・。



【うなぎの初音】
三重県亀山市関町新所898-1
TEL 0595-96-0157
営業時間 11:00~14:00 16:00~19:00
定休日 月曜日・第3火曜・正月・お盆
駐車場 あり

にほんブログ村 グルメブログへ ←ここをポチッと応援ヨロシクです!
本日も滋賀県でウナギをいただきます。昨日と同じ京阪電鉄大谷駅からすぐにある『大谷茶屋』です。

大谷茶屋

どうして2日連続で大谷駅でウナギなのか?それは『大谷茶屋』に行くか、『かねよ』に行くか迷ったからです。迷ったときは両方と思ったのですが連食は無理なので2日に渡って紹介することとなりました。



さて、大谷茶屋ですが立派な佇まいです。

大谷茶屋

庭には池があり、老舗の鰻屋なのでしょうか。店内も雰囲気が良くジャズが流れていたりします。壁も土壁でかなり古い建物ということがわかります。窓から眺める庭の景色もなかなかでした。



『特うな重』2100円をお願いしました。

大谷茶屋

お重に吸い物、香の物。お箸は竹箸で名前が入った箸袋に入れるよりお洒落な感じがしますよね。



蓋を開けるとなかなか大きいウナギが乗っております。綺麗な焼き加減で艶も良い感じです。

大谷茶屋

ウナギが大きい分、身の厚みもあってジューシーで柔らかく美味しいです!それに反して皮目は少し硬めでしたがパリッとしたのがわかるところがよいのでしょう。

タレは甘さのない辛口です。ごはんにかかったタレの量も適量でした。

特うな重は、ごはんの中にもウナギが隠されておりました。全部で1.5匹分の計算でよいと思います。



肝吸いは出汁が濃いですね!

大谷茶屋

いままで食べ歩いた鰻屋の中では一番インパクトがありました。



そうそう!香の物も美味しかったのですよ!

大谷茶屋

特に写真左側の漬物が美味しかったです。すぐき漬けの葉ところかと思ったのですが、何だったか聞けばよかったですね。



昨日紹介した『かねよ』より『大谷茶屋』をおすすめしたいと思います。出し巻玉子が食べたい方は『かねよ』、ウナギが食べたい方は『大谷茶屋』でしょう。



【大谷茶屋】
滋賀県大津市大谷町20-20
TEL 077-522-1740
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00
定休日 水曜日
駐車場 あり

にほんブログ村 グルメブログへ ←ここをポチッと応援ヨロシクです!
戦闘力

体力990 魔力300 アイテム2
ブログ内検索
ラーメンふぉと
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[04/03 初心者株]
[03/27 履歴書のダウンロード]
[01/19 トマト]
[12/03 諸三重親方]
[11/11 佐藤]
[11/08 あっ!名前入れ忘れた!]
[09/14 まこっちゃん]
[08/26 ゴロンタ]
[08/16 大和魂]
[08/10 気楽とんぼ]
地域別アクセス

ジオターゲティング
プロフィール
HN:
ミネラル
性別:
男性
趣味:
釣り、写真、ネットゲーム
クリック募金
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]