忍者ブログ
群馬中心のグルメブログです! もしかしたらラーメン中心のブログです(笑)
[741] [740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733] [732] [731]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

香川うどんワールドの人気アトラクション『手打うどん 田村』に行って来ました。

手打うどん 田村


うどん屋にあれえない行列を発見したので並んでみた店は綾川町の『手打うどん 田村』。

12時半ごろに行列に並んだのですが、私の前方には30人、そのご後方には約20人の列。閉店時間の13時を見計らったように最後尾の客に『本日の営業終了』の札を渡してました。



メニュー

手打うどん 田村

うどん小150円、うどん大250円、ちくわ60円、てんぷら50円、あげ50円、生卵40円、温玉90円・・・価格は安いです!



セルフの店なのですが、うどんをドンブリに入れられて渡されると同時に『温かいのが食べたければ自分で温めて!』と支持を受けます。セルフの店は何店舗か経験しましたが、ここまで横柄なサービスな店は初めてです。むしろ今まで食べ歩いた店の中でここまでの店はなかったでしょう(笑)

ちなみに『だし』は終了したので『醤油をかけるだけになる』ということを了解の上で注文したのですが・・・。


生姜は自分でおろすのは承知していましたが、ネギがないので自分の前の客がネギがないけど欲しいと尋ねると『ネギはありません!』の一点張り(爆) 一応、営業時間中なのだからネギくらい出して欲しいですよね。どこまで殿様商売なのか呆れました(爆)

お会計も適当で、うどんを打っているオッチャンが現金のやりとりをしていましたが手は洗わないです(笑)


席は10人座れるかどうかのテーブルとカウンターが少しあるだけで、座れない客は適当に立ち食いしてました。



『うどん小&温玉』240円にしてみました。温玉は冷蔵庫から自分で出して申告制です。

手打うどん 田村


うどんをてぼで自分で温め、自分で温玉を割り入れ生醤油をかけました。先ほど言ったようにネギはなく、生姜はおろすのが面倒でパス(笑)

温玉のコクと醤油が合う!うどんもモッチリしていてそこそこ旨かったです!



相方は『うどん小&生卵』190円

手打うどん 田村

てぼで温めて、生卵を割り入れ、生姜をすりおろし、生醤油をかけます。結論として生卵でも温玉でもどちらでも旨いですね。



ちなみに『いらっしゃいませ、ありがとうございました』もなかったです。自分で器をかたずけながら『ごちそうさまでした』と言っても返事もなく無言・・・。


味は良いのですが、もう少し当たり前なサービスをどうにかして欲しかったです。セルフで安いのでしょうがないのでしょうか・・・。

閉店間際になると天麩羅は売り切れ、だしは終了、ネギは出してくれない・・・。なので早い時間に行くのが良いと思います。



もう一度言います!当たり前のサービスはしてくれ!ネギくらい追加で切ってくれ!

コレだけの事ですが、もっと違った味に感じたに違いありません!

だた、ここで勉強になったのは讃岐うどんを食べ歩く楽しさが増えたことです。

お店によってサービスが違うこと。それは、うどんの味の他に人間性であったり、雰囲気であったり、名物キャラがいたり、店によって特徴があることです。


だから讃岐うどんは面白いのかもしれないです。



【手打うどん 田村】
香川県綾歌郡綾川町陶1090-3
TEL 087-876-0922
営業時間 9:30~13:00(麺終了次第)
定休日 日曜・祝日
駐車場 あり
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
戦闘力

体力990 魔力300 アイテム2
ブログ内検索
ラーメンふぉと
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/03 初心者株]
[03/27 履歴書のダウンロード]
[01/19 トマト]
[12/03 諸三重親方]
[11/11 佐藤]
[11/08 あっ!名前入れ忘れた!]
[09/14 まこっちゃん]
[08/26 ゴロンタ]
[08/16 大和魂]
[08/10 気楽とんぼ]
地域別アクセス

ジオターゲティング
プロフィール
HN:
ミネラル
性別:
男性
趣味:
釣り、写真、ネットゲーム
クリック募金
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]